シズカゲル 乾燥

シズカゲル乾燥具合

シズカゲルを使用しても肌は乾燥してしまうの?
あんまり保湿力は良くないの?

 

と気になる人がいると思いますが、この点はシズカゲルを2ヶ月以上使用してきた中での私の意見を下記に述べてみました。

 

 

 

私のシズカゲルに対する乾燥具合

 

シズカゲルは保湿力がポイントの化粧品ではないが、それでも一般的なオールインワンジェルと比較しても保湿力はあると感じます。
現に私はシズカゲルはテクスチャのため、冬には適さないと言われていることもありますが、塗ってから保湿を感じられるのは肌のべたつき具合も含めて5時間ほどはキッチリと最低でも維持。
乳液やクリームの重ね塗りも有効だし、保湿力に関しても思った以上には高いです。

 

 

上記がシズカゲルの乾燥具合に対して
私が試した素直な感想です。

 

 

使い続けて思うことが、薄いテクスチャなのにかなりしっかりしているという印象です。

 

この点は意外でした。

 

 

 

気になるレベルではホントにありません。

 

テクスチャや液体系のオールインワン化粧品でこの価格帯のものと比べると、本当にコスパが優れていると感じられます。

 

それほどシズカゲルは総合的に評価が高いです。

 

 

シズカゲルは肌がボロボロ状態の乾燥でも大丈夫なのか?

 

 

 

シズカゲルを購入しようと思っている人の中で、【肌が非常にボロボロに乾燥してしまって困っている】という人も中にはいらっしゃると思います。
特に50歳を超えるやはりどうしても肌の乾燥を保つには相当な努力が必要。

 

 

そして、保水しては肌の乾燥をなんとか防ごうと思っても、限界はあると思います。

 

 

それほど齢というのは、ある意味太刀打ちできない問題だと思います。
ですが、シズカゲルのオールインワン化粧品はそういった悩みを持っている人でも本当に効果は高い化粧品と言えます。

 

 

事実それだけ、保湿力も高いと言えます。

 

しかし、現実的なことをいうと「シズカゲルだけでは保湿が足りない人も中にはいらっしゃる」と思います。
そういった人はシズカゲルを浸ける前にハトムギ化粧水など保水をされてからシズカゲルを顔に塗り保湿されることをおススメ致します。

 

やはり大事です。

 

特に50代を過ぎると、皮脂が酸化して加齢臭を発することもあるので充分に保湿対策必要だと言えます。
ですので、先に化粧水で保水してその上からキッチリ保湿もやるように致しましょう。

 

 

 

シズカゲルは美白になりたい人
シミや顔の黒ずみを薄くしたいという人に
人気なオールインワン化粧水。

 

ターンオーバーが落ちると「なぜこんなに肌が衰えていくの?」と
嘆いてしまうのが30歳を過ぎた辺りから。

 

鏡を見ると、感じてしまいますよね。

 

 

シズカゲルについて他にも記事を載せており、メリット、デメリットについてや返金保証副作用についても書いてありますので色々ごらんになってみてください。